美容師の私だから気づけたこと1

美容師として、また家族や自分の健康改善のためにこの21年、美容と健康に関しての事を色々とやって来ました。



そして私がサロンワークでお客様とお付き合いして来て、歳の重ね方は大きく分けて3タイプみたいです。
(これはあくまでも私の中での統計学ですからね)

1、頭がシャキッ、身体もピンピンタイプ
2、頭はシャキッ、足腰が弱って寝たきりタイプ
3、認知徘徊型(体はしっかりしているけど、ボケてしまった方)


こんな感じですね。


そしてそれぞれに「やっぱりね〜」と言う感じの『生活習慣』があります。



皆さんは何番が理想ですか?(^^)

私は1番‼︎(笑)


で、それぞれの生活習慣ですが、
1の方は、自分の『心と身体』とよく対話をしていますね。そして必ず自炊をしています。外食はほとんどしない、スーパーやコンビのお弁当は絶対に買わない。

そして無理はしないし、出来ることを感謝しながらやってるし、自分の年齢に合った適正体重なども、体の動きやすさと共に調整しています。

それも全て、お若い時に身体が弱くて、死にそうになったことがあったからだそうです。

そしてお母様も同じような生活リズムだったそうです。

毎回お話しを聞いていても素晴らしいの一言。そしていつも愉しそうです♪
私の憧れの方です✨




そして2の方は、食べるのが大好きなので、料理もよく作るのですが、運動が苦手。
なので時間があると食べてしまう。
それも人間関係でストレスがあるとさらに食べる。
親も寝たきりだったそうです。
 



3の方は、お料理が嫌い。
とにかく面倒臭いと言われてた方だったり、食に興味がなく、とにかく何でもいいから食べられれば良いという方でした。

なのでよく耳にしたのは、「面倒臭いからお昼はお弁当買っていこー」「毎回作るのが飽きちゃって」とか「お勝手に立ちたくない」でした。

実際のお客様で認知症になって、現在旦那様が送り迎えでいらしてる方がいるので、私の問いの答えをくれたかんじでした。




そして日々お客様からの声で最近一番多いのは、何と言っても【ボケたくない】です。


「病気も心配だけど、ボケるのはもっと嫌ね」と聞きます。



何となくですけどね、どんな方が何番になり易いかは直感が…




✨解決策✨

これからの時代は、自分が考えたこと(思考)が現実に叶いやすい流れになっています。

ならば、
成りたい番号の自分を選んで、そうなる事を毎日愉しみながらやるだけ!

それが一番の近道なんですって( ´ ▽ ` )ノ


確かにわたしもそうでした。
成りたい自分のイメージに向かって、日々のやって来ただけの事なんです。

そしたらいつの間にか思い通りの自分になってました❤︎

20歳の頃には考えられない、今日も友達に「細いから良いよー」って言われて、内心は「私が?」って驚きましたけどね(笑)
「細い」と言われるのが夢でしたので(^^)



成りたい自分に向かって進むだけ‼︎


『生活スタイルをエイジング(酸化・老化)させない 健康美容専門店』ビューティサロンみゆき

私達の生活はここ20年で大きく様変わりをし 『健康美』を自ら意識的にせざるおえない現在ですね。サロンワークをしながら感じるのが、エイジングと言われる【老化現象の低年齢化】。現在小学生における白髪の割合は30%にまで。そしてボリュームや艶のない髪・地肌の荒れ・抜け毛や乾燥毛の増加・肌荒れ・シミそばかすなどなど…98%の人が経験。これら全て『食』が原因だとご存知ですか?今から予防&改善をしましょう☆

0コメント

  • 1000 / 1000